On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

小学校生活。生活面、人間関係を学ぶ大切さ。

GWが終わってから早2週間が経過しました。

GW前半は夏を思わせるような暑い毎日でしたが、後半は風が強くて少し肌寒かったです。そして、先週は肌寒くて4月に逆戻りしたかのようでしたが、今週は日中の気温が30度近くまでに上昇。昨日の夕方はとても蒸し暑くて寝付くのに時間がかかるくらいだったのが、夜中の雨で今日は肌寒い一日。ここ最近、気温の変化がジェットコースターのように激しくて、体調を崩さないように着る物や窓の開け閉め、布団の調整にかなり気を配っています。

 

さて、小学1年生の息子も学校生活にようやく慣れてきたところですが、ここにきて怪我(たいしたことではありません)や友達との喧嘩など、色々トラブルが出てきています。元々人懐っこくて社交的な性格で、保育園では交友関係では特に問題なかったのですが、小学校に入ると先生の関与が少なくなってくるので、問題が出てくるのも容易に想像できます。特に息子は一人っ子なので喧嘩の経験が圧倒的に少ない分、初めてのことも多いのではないかと思います。それらの経験を積んで、友達と良好な関係を作ってほしいと思います。

 

勉強面は全く問題なく、誰に似たのかとても字がきれいで担任の先生にも沢山ほめられています。勉強が大好きで、毎日の学校の宿題以外にも買っておいたドリルなどを自分からやっているので、今のところは心配はないようです。今は学校では勉強以外の生活面や人間関係などを学ぶ部分が大きな割合を占めているので、そういう意味では、いろんな家庭で育った子供たちと一緒に学べる公立小学校を選択して正解だったかなと思います。といっても我が家からは国立・私立の小学校は電車で40分以上かかるので、最初から選択肢にはありませんでしたが。

 

ただ、中学以降については、国公立や私立の中高一貫校を受験することも少し考えています。もちろん、現在の勉強への意欲が下がらなければの話ですけど。金銭面を考えると高校までオール公立がベストですが、社交的な息子はもっといろんなバックグラウンドを持つ子供たちと一緒に学ぶのも良いのではないかと思うようになりました。ただ、親子で過ごす貴重な小学校の後半3年間を受験中心にするのはどうなのかと迷いもあるわけで、これから3年間じっくり考えてみたいと思います。