On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

小学校入学から1ヶ月。実感した小1の壁

気がつくともう5月。学童に通い始めて1ヶ月、小学校の入学式(4/10)から10日が経過しました。学童開始、入学式、授業参観と瞬く間に行事が終わり、今日は家庭訪問の予定です。この1ヶ月は新しいことの連続でした。息子は社交的だし、年長時は自分のこと(朝の用意、帰宅後の片付け等)もスムーズに出来ていたし、朝8時から19時まで預かってくれる学校の学童への入所も決まっていたこともあり、いわゆる「小1の壁」は大丈夫と思っていたのですが、現実はそう甘くなく、親子共に小1の壁を実感する1ヶ月となりました。

 

<我が家の小1の壁と感じたこと>

・宿題の確認と翌日の用意に時間がかかる

入学式から4日目で早くも宿題(ひらがなのプリント1枚)が始まりました。ひらがなは保育園で習っていたし、学童でやってくるので問題ないと思っていたら。。。確認するとひらがなをなぞる欄にはみ出している箇所が多数あり。やり直しさせると本人も疲れているのかちょっとイライラしてなかなか進まない状況に。そして制服をハンガーにかけたり翌日の用意も時間がかかって、終わったらすぐにもうお風呂の時間。夕食を食べ終わったら夫か私で食器の後片付けor息子担当に分かれてどうにか時間内に終わらせるようにしています。

 

・持ち帰ってくる大量のプリントに目を通す

息子は入学当日から毎日大量のプリントを持ち帰ってきます。全てに目を通すのにかなり時間がかかることも。提出の必要のあるものについては提出漏れを防ぐため、期限を待たずに翌日持って行くようにしています。プリントはとりあえずリビングのデスクにおいていたら、週末になるとデスクの上はプリントの山!それをパンチしてファイリングするのが週末の仕事になりました。

 

・本人もナーバスになっていて疲れている

学童・学校でも比較的友達はすぐに出来たようですが、授業は毎日新しいことの連続で、めったに機嫌が悪くならない息子も夕方になるとかなりナーバスになり、ちょっと指摘するだけで文句タラタラ。イヤイヤやっている状態に。ここはあまりしからないようにと思うのですが、こちらもちょっと疲れていてついガミガミ言ってしまい、反省することも多々ありました。

 

これらにプラスして想定外だったのがECCジュニアの宿題。保育園時代の宿題はプリント1枚だったので、土曜日の昼食後にまとめてやるだけでOKで、後は毎日Eテレの「えいごであそぼ」とお出かけの際にECCのDVDを見ていました。が、小学校のクラスではプリント2枚を4日に分けて行い、かつそれ以外の日もDVDやCDを毎日やるようにとのこと。さすがに毎日は難しく、プリントを4日間はマストであとは時間があればDVDやCDを聞くようにしています。今後は書く宿題もプラスされるということで、毎日時間を作れるようにしたいです。

 

平日の朝は起床して1時間20分後に家を出るのは比較的スムーズなのですが、夜が大変。夕食後、お風呂に入るまでの50分の間に、宿題の確認、翌日の用意、そしてECCの宿題を済ませなければなりません。夫がいるときは分担できますが、いない場合は1人で食器の後片付けをしながらこれらを済ませます。慣れるまでハードな日々が続きそうです。

 

ただ1つ救いだったのは、学校が始まる前に学童に通い始めたこと。学童には保育園時代の友達も多数いるし、新しい同級生や上級生と遊ぶようになり、登下校に慣れたころに学校が始まったので、息子にとっては少しストレスが軽減されたのではないでしょうか。

 

今日と明日、学校に通ったらまた4連休。親子共にしっかりリフレッシュして、連休明けに備えたいです。