On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

年末年始に作ったパン・スイーツ

年末年始の11連休の後、9日が仕事初めでした。長く休みすぎてそろそろ仕事もいいかも?と思っていたのに、始まってみるとブランクが空きすぎて慣れず、いつもより疲れた1日となりました。今週は4日で休みなのがありがたいです(それなのに長く感じました)。部署の皆さんは長い休みの間、帰省や旅行されていたようで、お土産のお菓子を沢山頂いたので、それを15時のおやつに食べて癒されました(今の職場は仕事中自席での飲食OKです)。

 

さて、先日の記事に引き続き、年末年始の休暇中にチャレンジしたパン・スイーツを記事にしたいと思います。

pikarie08.hatenablog.jp

 

まず、初挑戦だったのが餡子作り。

f:id:pikarie08:20180113140915j:plain

レシピは同じ圧力鍋を使うこちらを参考にしました。

Cpicon フィスラーで☆ゆでこぼしなしの粒餡 by めいふぁん

 

ゆでこぼしなしでも上手に仕上がりました。砂糖の量は小豆の半量でしたが、市販のものよりも甘すぎずにちょうどいい感じでした(となると、市販のものの砂糖の量にビックリ!)。

 

餡子を使ってまずはぜんざい。

f:id:pikarie08:20180113141428j:plain

 おいしいけれどちょっと甘さが足りなかったので、砂糖を足すといいかもしれません。

 

そして、餡子を作った一番の目的はあんぱんを手作りしたかったから。

f:id:pikarie08:20180113141912j:plain

 

f:id:pikarie08:20180113141525j:plain

中が空洞にならずに仕上がりました。甘すぎない餡子に柔らかいパン。家族や親戚にも大好評でした。

 

トーストした食パンに餡子バター。

f:id:pikarie08:20180113141717j:plain

餡子は沢山作ったので、残りは小分けにラップして冷凍しました。コッペパンにはさんで食べるのも◎。それほど時間や手間がかからずに出来るので、在庫がなくなったらまた作りたいです。

 

冷蔵庫を掃除したときに出てきた冷凍バナナとカラメルタブレットでマフィンを焼きました。

f:id:pikarie08:20180113142002j:plain

 

手作りプリンのためにカラメルタブレットを常備していて、その消費も兼ねて。バナナの甘さとカラメルのほろ苦さがマッチして、これまた好評でした。

 

カラメルタブレットは封を開けたら冷凍保存しています。思い立ったときに簡単にプリンが出来るので手放せません。 

1月1, 2日の朝ごはんは実家でお節とお雑煮を食べましたが、3日からはいつものパン食。食パンやコッペパンを焼きました。お昼の焼きそばが余ったら、翌日焼きそばドッグに。

f:id:pikarie08:20180113143432j:plain

焼きそばドックというよりも、野菜炒めドックσ(^_^;

 

番外編ですが、今日の朝ごはんはイーストドーナツに初挑戦。

f:id:pikarie08:20180113143814j:plain

レシピはこちら。コッペパンもこの方のレシピです。

Cpicon HB♡さくっふわふわドーナツ(揚げパン) by Banyangarden

 

 イーストドーナツは1度はチャレンジしたかったのですが、揚げ物をするのは夕食以外では腰が重く、しかもドーナツの場合は新しい油を使うので少しハードルが高い。ただ、年末年始にオイルポットを洗うために油を処分していたので、このタイミングで始めて作ってみました。

 

材料と二次発酵までの手順は通常のパンと同じで、揚げるか焼くかの違いだけでした。揚げ始めるとぷく~っと膨らんでフワフワのドーナツになりました。油がはねることも全くなく、片面2分ずつ揚げて完成しました。荒熱が取れたらグラニュー糖をまぶしました。

 

食べてみるとグラニュー糖の甘さがちょうどよく、ブラックコーヒーがぴったりでした。家族全員ペロリと食べちゃいました。また油が新しくなったタイミングで作ってみようと思います。

 

子供のころから料理が好きでした。母が働いていたこともあって料理の手伝いもよくしていたので、煮物などもいつの間にか作り方を覚えました。今も料理番組が大好きでよく見ています。特にNHKの「今日の料理ビギナーズ」は連ドラ予約して洗濯物をたたんだりするちょっとした時間に見ています。レシピを完全にまねして作ることは少ないけれど、材料や味付けのヒントをもらったり、保存方法などがとても役に立ちます。

 

おもてなし料理やパティシエ並みのお菓子はとても作れませんが、作った料理を家族がおいしいと食べてくれるのであればそれで十分です。今年も旬を取り入れて、家族がおいしく食べてくれる栄養のバランスの取れた料理を楽しく作っていきたいです。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram