On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

バランスよく英語力をつけることにとことんこだわる

新しい派遣先は前回と同じく外資系。前の派遣先は外資系といっても社長をはじめとして全員日本人でオフィス内に外国人は殆ど折らず、たまに本社から来日するくらいでした。本社で予算が余っているとなると、日本市場の調査とか何とか理由をつけて自分たちの都合で日程を決めて来日してきます。そうなると、私は短い準備期間の中でホテル・通訳・ハイヤー・レストランの手配に奔走し、また顧客とのアポが決まると顧客のバックグラウンドを記載した資料を翻訳していました(これがまたいつもギリギリの作業)。一番大変なのがレストラン選び。なぜかベジタリアンやアレルギーもちの人が多く、またアメリカ人はタバコを嫌うので、完全禁煙&ベジタリアンメニューの店をネットで捜して電話し、そして最後はお土産探し。食品サンプル(特にすしが人気!)のスマホ立てが定番なのですが、2回目以降の来日の人には通用しないので、フリクションのペンなどをチョイスしていました。

 

↓(なぜか)特にこのいくらがこぼれてるのが大好評でした。

 

↓ このちょっと高級なフリクションペン(カタカナで名前を入れる)も喜んでくれました。

 

 

さて、今の派遣先は事業部長と部長が外国人で常駐しているので、社内は英語が飛びかう外資系らしい会社。日本人の皆さんも英語が堪能でメールだけでなくコミュニケーションも問題ない様子。私の場合、翻訳を担当していて英語の読み書きとリスニングはそれなりにできるけれど、スピーキングはブランクがありすぎて自信がありません。なので、英語を流暢に話している方々を見てスピーキングに力を入れたいと思うようになりました。仕事でスピーキングを要求されることはあまりないけれど、それ以外がそれなりにできる分、ギャップが大きすぎて、全てバランスのよいスキルを身につけたいのです。バランスよく英語力をつけることにとことんこだわる!これが私の今年残り数ヶ月の目標としたいです。

 

そうなると、話す環境をどうやって手に入れるか?となると、一番手っ取り早いのが、オンライン英会話。従来のオンサイトの英会話教室に比べると手ごろな値段で好きなときに自宅でマンツーマンレッスンが受けられるのが魅力的。ただ、手ごろといってもやっぱりそれなりのお値段がするわけで、また仕事・家事・育児に追われる生活なので、毎日時間をどうやって捻出するかの問題をクリアできるめどが立つまではまだ体験レッスンを受けるのはやめておこうと思います。

 

何とかあまりお金をかけずにスピーキング力をつけたいというわけで、毎日の通勤時間に下記の本で基本からトレーニングすることにしました。

 

文法シャッフルトレーニングを終了し、現在コンビネーショントレーニングをやっています。長い文章を頭の中で瞬時に組み立てるトレーニングって力つきそうです。