On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

新しい派遣先での業務開始

新しい派遣先で働き始めて数週間が経過し、昨日から3連休でちょっと休憩。派遣先は盆休みはなく、派遣元も変わってまだ有休がないことからカレンダーどおりで勤務することにしました。実家に甥っ子たちが帰省するので、その間息子は保育園を休んで一緒に過ごしてもらう予定です。前の派遣先での業務が終了する6月末までに全ての有休を無理矢理消化し、7月前半はお休みと無駄に休みが続き、そして現在の派遣先での業務が始まるとここから6ヶ月間は有休無しなのでよっぽどのことがないと休めない、と少々アンバランスですが仕方ないですね。本当は前の派遣元で新しい仕事を開始したかったのですが、いいタイミングで希望の仕事がなく諦めました。

 

新しい勤務先は大手企業で、築浅のきれいな高層オフィスビルの勤務でとても快適です。派遣スタッフの私に新品ラップトップと大型ディスプレイが用意され、デスクもパーティションに区切られて広々。お茶やコーヒーも無料で飲めるなど、本当に設備が充実しています。高時給な上に今回は派遣会社から特別に交通費も支給されているので(これは遠方から勤務する私にはとってもありがたい)、金銭面もかなりゆとりができました。ここの派遣先は結構人気があって狭き門なのもうなずけます。通勤時間はさほど変わりませんが、乗換えが少なくなり、かつ始業時間も30分短くなったので朝もゆとりが生まれました。

 

前の派遣先は、アラサーの派遣社員が多く、アラフォーの私は結構年長のグループで、社員さんも30~40代が中心の職場でした。しかし、今の派遣先は40~50代が多く(直接年齢を聞いたわけではありませんので、あくまでも見た目での判断)、アラサーは皆無。私でも結構若いグループに入ります。社員さんは若い方もいらっしゃいますが、40~50代が中心でとても落ち着いた職場です。アラフィフで派遣って仕事があるのかと不安もあったのですが、この会社は年齢に関係なくキャリアやスキルで人物を評価しているようなので少し安心しました。

 

ただ、今の派遣先は電話は殆ど鳴らずいつも静かで、社員・派遣社員共に落ち着いて自分の仕事を淡々とこなしていて、(まだ1ヶ月しか経っていないので深くかかわっていないのもありますが)個性的な方が少ないのでは?と言う印象です。前の派遣先は頻繁に営業から電話がかかってきたりしてにぎやかで、他部署の方々とかかわることが多く、かつ皆さん個性派ぞろいでした。前回の派遣先は中規模の比較的20-30代の若い方も多い会社だったのですが、今回は安定の大企業で年齢層も高いとなると良く言えば落ち着きのある、悪く言えばあまり活気が感じられないという特徴が見えてきて、なかなか興味深いです。

 

今回、前任者の方からの引継ぎは1週間しかありませんでした。仕事の内容はそれほど変わらなかったのでわりと取り組みやすかったのですが、社内システムや共有フォルダの構成などは会社によって異なるので覚えるまで時間がかかります。が、仕事より一番大変と感じるのが人間関係。前の派遣先では同じ部署の同じ仕事をしている契約社員の方とは同年代でとても仲が良く、毎日多少の愚痴を言いながら楽しく仕事をしていたのですが、新しい職場では人間関係を1から構築していかなければなりません。今のところ昼食は同じフロアの派遣・社員の女性と一緒に食べて情報収集と関係構築を進めているところです。仲良くなっておくと、仕事で困ったときもアドバイスしてもらいやすいので、仕事を円滑に進めるためにも早くなじめるようにしていきたいです。

 

 新しい業務に就くのは新鮮に感じられますが、人間関係を構築するのは年とともに大変になってきていると感じるようになってきました。実は新しい派遣先は、以前正社員で営業をしていたときの取引先で、担当の方とはとても仲良くさせていただいていたのです。その方がまだ在籍されていて、8年ぶりに再会して色々お話しました。残念ながら今回の業務でかかわることは殆どないのですが、まだ知り合った方ばかりの職場で、以前から知っている方がいるのはとても心強いです。少し気が楽になりました。

 

始まったばかりなので緊張しているせいか、1日の仕事が終わったときの疲れが以前と全然違います。早く前と同じくらいにリラックスして仕事ができるようにキャッチアップしていきたいです。

 

広告を非表示にする