読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

WMになった理由

私は関西の郊外に住むアラフォーワーキングマザーで、自営業の夫と4歳の息子と3人暮らし。すぐ近所に私の両親が住んでいます。

 

子供を出産時は無職でしたが、子供が8ヶ月のときにワーキングマザーになることにしました。その1番の理由は将来のこと。息子を妊娠するまでは、3つの会社を経験し、それぞれの間は1年未満の専業主婦期間があるものの、キャリア(という大げさなものではありませんが)を積んできました。このままずっと専業主婦であれば金銭面での不安があるので、子育てが落ち着いたら働こうかと思っていたのですが、そのときに今までのキャリアを生かした仕事につくことができるのか。また、子供との時間はとても楽しいものですが、私には息が詰まってしまっていっぱいいっぱい。

 

私の住む地域では保育園には余裕があって、条件を満たしていればすぐに入れる状況であったことと、両親もまだ元気でサポートを得られることから、「何とかなりそうだから、とりあえずやってみよう」というわけで、息子は8ヶ月で入園手続きを済ませ、職探しをすることになりました。

 

とりあえず最初から正社員ではなく、派遣での仕事を探し始めたのですが、運よくすぐに見つかり、息子の慣らし保育期間が終わると同時に無事に仕事スタートとなりました。

 

ワーキングマザーになって約4年。毎日ドタバタで息子の病気など大変なことも沢山経験しつつ、いろんな人の手を借りながら何とかここまでやってきました。途中で派遣先を変えて今の勤務先になってから1年が経過し、仕事も慣れて楽しくやっています。

 

ワーキングマザーになってよかったことの1つはやはりお金のこと。我が家は夫が自営業のため、リスクヘッジとして私も働いて、どちらかが倒れても生計が成り立つようにしておきたいということと、老後に備えて働いて厚生年金を収める一方、別途貯蓄もしています(将来年金がもらえるかわからないという話もありますが、払っていない人よりは払っている人はもらう権利がある)。息子に十分な教育を受けさせてやりたいという思い・・・などなど、やっぱりお金がないよりはあった方がいろんなことできる。

 

さらに、仕事を通じていろんな人と接する機会があること。きっと仕事がなければ出会わなかった人たちと一緒に仕事をすることが、私の生活を豊かにしてくれている気がするのです。そう思うと、仕事に行くのも結構楽しいものです。

 

これまでのことをざっと書いてきましたが、徐々に1つ1つのことを掘り下げて綴ってみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

広告を非表示にする