On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

理想と現実とのギャップ

今の派遣先での業務も早2ヶ月が経過しました。仕事も一通り覚えてイレギュラーなケース以外は1人で処理できるようになりました。仕事量はかなり少ないので、手順を確認し、間違いがないようにゆっくり時間をかけてやっています。今のところ特別な行事等がなければ定時に終了するので、時間になればすぐに帰っています。

 

隣に座っている業務開始して9ヶ月の派遣の方と話をしていたのですが、その方も仕事量があまり多くなく、すぐにやるとやることがなくなってしまうので、ゆっくりやっているけれど、それがすごくストレスだとおっしゃっていました。もちろん、もっと仕事を回してほしいと言う要望は出しているようですが、元々大きな会社で1人が沢山の仕事をこなすという環境ではないようです。私も確かにそれほど忙しくないので時間が立つのが遅いと感じるし、忙しいほうが好きなのでもっと業務量を増やしてほしいという希望はあるのですが、仕事が殺到して毎日残業になるのも困るので、そこはビミョーなところなのです。

 

今の職場は時給も良く、始業時間もそれほど早くなく残業もないので仕事と家事・育児のバランスも◎、人間関係とオフィス環境も申し分ないのですが、業務量の部分はやや不満。ただ、自分の理想が全てそろっている職場なんて存在しないのだから、あれこれ求めすぎるのもどうかな?と思う部分もあったりして。ただ、少しでも業務を引き受けることによって会社にとってプラスになる部分があるのであれば、自ら声を上げていいければと思います。

 

今日はゆっくり休んで、明日からの1週間またがんばろう。

 

3連休でできたこと

3連休も最終日。

連休前から台風が接近し、予定が立てづらい状況だったので、スーパーへの買い物以外はお出かけの予定はなしで、天気を見計らいながら家の中を整えていました。

 

3連休でできたこと

 

・冷蔵庫の掃除

特に前から気になっていた野菜室の汚れを落とすことができました。

 

・ブルーベリージャム作り

冷凍庫で結構場所をとっていた冷凍ブルーベリーをジャムに。

 

・トイレの徹底掃除

毎日の掃除ではできないシャワーノズル付近を徹底掃除

 

・キッチン・サニタリールームの床拭き

こちらは毎週末のルーチン掃除

 

・子供と私の衣替え&衣服整理

子供はサイズの確認。私は半袖→七分袖・長袖へ入れ替えと着ない服の断捨離

 

・夏物白色衣服のオキシ漬け

来年の夏の衣替えで汚れを発見する事はないように。

 

3連休最終日になって「あんまりできなかった・・・」と思っていてもこうして列挙してみると意外にやってる!!と達成感が沸きます。片付けたいと思っていても平日ではなかなかできないことの中から少しでも片付けると楽になります。特に季節の変わり目のこの連休は家のメンテナンスにはもってこいです。夫は台風が来る前に家の外回りを片付けてくれてスッキリ。こういう機会がないとなかなか進まない作業も片付いてよかったです。

 

家は日々暮らしているだけでもあちこち汚れたり乱れたりして、結構やることが沢山あって整えるのに時間がかかるので、休日は毎回お出かけとはいかないものです。お出かけせずに家で過ごすのは子供には少し退屈かもしれませんが、工作するのも楽しいようです。

 

さて、3連休最終日の夜は両親と一緒に我が家の庭でBBQ。ふるさと納税で頂いた山形牛とスーパーで調達したサザエを食べるのが楽しみです。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

ランドセル到着!~少しずつ就学準備

8月の末に予約していたランドセルが届きました。

 

f:id:pikarie08:20170916170652j:plain

 

セイバンコンバースのコラボランドセル「コンバースモノクローム」です。ディープブルーを選びました(使う日までラッピングはそのままにしています)。

 

ランドセルは実物を確認してから購入したかったので、5月GWにデパートの店舗で一度下見。その後、5月末に同じ店に行き、本人が気に入ったこのランドセルを予約購入しました。本人の希望は色(青)以外こだわりがなく、あっさり決まりました。「これでいいの?」と何度も確認しましたが、もう遊びに行きたいようだったので、さっさと購入手続きに移りました。私のこだわりは「丈夫」ことと「軽い」こと。最近は牛皮が人気ですが、機能重視で合皮にしました。お店の方に聞くと、男の子はスポーツブランドのランドセルが人気のようです。

 

側面はコンバースらしく☆のステッチが。

f:id:pikarie08:20170916171244j:plain

 

息子は星に関連がある名前なので、トレードマークの星のステッチが入っているのも気に入ったようです。

 

背負ってみるとやっぱり大きい。。。カバンに背負われている感満載です(^▽^;)

f:id:pikarie08:20170916171533j:plain

 

ランドセルを背負って小学校に行く日が来るなんて、時が経つのは早いですネ。しかも通う小学校は私の母校!私自身、久々に母校に行くのも楽しみです。

 

9月に入り、就学前健康診断のお知らせが届いたり、2学期中に学童の説明会があったりと少しずつ就学準備が始まります。ちなみに学習机は購入せずに様子を見ようと思います。

 

 

就学前最後の夏のイベント

8月も下旬に差しかかりましたが、残暑が厳しい近畿地方です。今年のお盆休みは私は仕事でした。電車すいているかな?と思ったら意外にサラリーマンやOLが多く、また環状線は家族連れが多くてUSJの袋を持った人も沢山いました。

 

今年は就学前最後の夏となった息子ですが、夏休みは11日の山の日から16日まで保育園をお休みし、14~16日は実家で姉家族と一緒に過ごしました。一人っ子の息子にとっては中学1年と小学2年生のいとこ達と兄弟みたいに遊べる絶好の機会なので、毎日来る日を待ち侘びていました。一緒に家のプールに入ったり、映画を見に行ったり、回転寿司を食べに行ったりと楽しく過ごしたようです(私は仕事のため完全にノータッチ)。

 

 

7月は私の充電期間(休み)を利用して平日にキッザニア甲子園へ。前回と異なるお仕事を体験してご満悦でした。

 

念願のハイチュウ作り。

f:id:pikarie08:20170819175606j:plain

車のメンテナンス。

f:id:pikarie08:20170819175640j:plain

この制服が一番似合ってました(⌒_⌒;)

f:id:pikarie08:20170819175654j:plain

バームクーヘン作り

f:id:pikarie08:20170819175710j:plain

ペンキ塗り

f:id:pikarie08:20170819175723j:plain

この他、電車の運転手と自動車免許取得、自動車工場、パン作りを体験しました。平日のすいている時間に来れるのも今のうちなので、小学校に上がる前にもう1回連れてこようと思います。制服姿がカワイイのも今のうちと友達に言われたので。

 

また、7月は体操教室主催の1泊2日の合宿に参加させました。親元を離れて宿泊するのは初めてで、かつ息子のクラスからは他に誰も参加しませんでしたが、人見知りせずに誰とでもすぐ仲良くなる息子は全く大丈夫だったようです。川遊びに魚づかみ、キャンプファイヤー流しそうめんとイベント盛りだくさんでとっても楽しかったみたいで良かったです。2日間は私ものんびりさせてもらいましたが、息子が帰ってきた瞬間、砂まみれのリュックの片付けに追われてすっかり通常運転に戻りましたo(+_+。)

 

もう少し暑い夏が続きそうなので、土日は近所のプールに連れて行こうと思います。

バランスよく英語力をつけることにとことんこだわる

新しい派遣先は前回と同じく外資系。前の派遣先は外資系といっても社長をはじめとして全員日本人でオフィス内に外国人は殆ど折らず、たまに本社から来日するくらいでした。本社で予算が余っているとなると、日本市場の調査とか何とか理由をつけて自分たちの都合で日程を決めて来日してきます。そうなると、私は短い準備期間の中でホテル・通訳・ハイヤー・レストランの手配に奔走し、また顧客とのアポが決まると顧客のバックグラウンドを記載した資料を翻訳していました(これがまたいつもギリギリの作業)。一番大変なのがレストラン選び。なぜかベジタリアンやアレルギーもちの人が多く、またアメリカ人はタバコを嫌うので、完全禁煙&ベジタリアンメニューの店をネットで捜して電話し、そして最後はお土産探し。食品サンプル(特にすしが人気!)のスマホ立てが定番なのですが、2回目以降の来日の人には通用しないので、フリクションのペンなどをチョイスしていました。

 

↓(なぜか)特にこのいくらがこぼれてるのが大好評でした。

 

↓ このちょっと高級なフリクションペン(カタカナで名前を入れる)も喜んでくれました。

 

 

さて、今の派遣先は事業部長と部長が外国人で常駐しているので、社内は英語が飛びかう外資系らしい会社。日本人の皆さんも英語が堪能でメールだけでなくコミュニケーションも問題ない様子。私の場合、翻訳を担当していて英語の読み書きとリスニングはそれなりにできるけれど、スピーキングはブランクがありすぎて自信がありません。なので、英語を流暢に話している方々を見てスピーキングに力を入れたいと思うようになりました。仕事でスピーキングを要求されることはあまりないけれど、それ以外がそれなりにできる分、ギャップが大きすぎて、全てバランスのよいスキルを身につけたいのです。バランスよく英語力をつけることにとことんこだわる!これが私の今年残り数ヶ月の目標としたいです。

 

そうなると、話す環境をどうやって手に入れるか?となると、一番手っ取り早いのが、オンライン英会話。従来のオンサイトの英会話教室に比べると手ごろな値段で好きなときに自宅でマンツーマンレッスンが受けられるのが魅力的。ただ、手ごろといってもやっぱりそれなりのお値段がするわけで、また仕事・家事・育児に追われる生活なので、毎日時間をどうやって捻出するかの問題をクリアできるめどが立つまではまだ体験レッスンを受けるのはやめておこうと思います。

 

何とかあまりお金をかけずにスピーキング力をつけたいというわけで、毎日の通勤時間に下記の本で基本からトレーニングすることにしました。

 

文法シャッフルトレーニングを終了し、現在コンビネーショントレーニングをやっています。長い文章を頭の中で瞬時に組み立てるトレーニングって力つきそうです。

 

 

新しい派遣先での業務開始

新しい派遣先で働き始めて数週間が経過し、昨日から3連休でちょっと休憩。派遣先は盆休みはなく、派遣元も変わってまだ有休がないことからカレンダーどおりで勤務することにしました。実家に甥っ子たちが帰省するので、その間息子は保育園を休んで一緒に過ごしてもらう予定です。前の派遣先での業務が終了する6月末までに全ての有休を無理矢理消化し、7月前半はお休みと無駄に休みが続き、そして現在の派遣先での業務が始まるとここから6ヶ月間は有休無しなのでよっぽどのことがないと休めない、と少々アンバランスですが仕方ないですね。本当は前の派遣元で新しい仕事を開始したかったのですが、いいタイミングで希望の仕事がなく諦めました。

 

新しい勤務先は大手企業で、築浅のきれいな高層オフィスビルの勤務でとても快適です。派遣スタッフの私に新品ラップトップと大型ディスプレイが用意され、デスクもパーティションに区切られて広々。お茶やコーヒーも無料で飲めるなど、本当に設備が充実しています。高時給な上に今回は派遣会社から特別に交通費も支給されているので(これは遠方から勤務する私にはとってもありがたい)、金銭面もかなりゆとりができました。ここの派遣先は結構人気があって狭き門なのもうなずけます。通勤時間はさほど変わりませんが、乗換えが少なくなり、かつ始業時間も30分短くなったので朝もゆとりが生まれました。

 

前の派遣先は、アラサーの派遣社員が多く、アラフォーの私は結構年長のグループで、社員さんも30~40代が中心の職場でした。しかし、今の派遣先は40~50代が多く(直接年齢を聞いたわけではありませんので、あくまでも見た目での判断)、アラサーは皆無。私でも結構若いグループに入ります。社員さんは若い方もいらっしゃいますが、40~50代が中心でとても落ち着いた職場です。アラフィフで派遣って仕事があるのかと不安もあったのですが、この会社は年齢に関係なくキャリアやスキルで人物を評価しているようなので少し安心しました。

 

ただ、今の派遣先は電話は殆ど鳴らずいつも静かで、社員・派遣社員共に落ち着いて自分の仕事を淡々とこなしていて、(まだ1ヶ月しか経っていないので深くかかわっていないのもありますが)個性的な方が少ないのでは?と言う印象です。前の派遣先は頻繁に営業から電話がかかってきたりしてにぎやかで、他部署の方々とかかわることが多く、かつ皆さん個性派ぞろいでした。前回の派遣先は中規模の比較的20-30代の若い方も多い会社だったのですが、今回は安定の大企業で年齢層も高いとなると良く言えば落ち着きのある、悪く言えばあまり活気が感じられないという特徴が見えてきて、なかなか興味深いです。

 

今回、前任者の方からの引継ぎは1週間しかありませんでした。仕事の内容はそれほど変わらなかったのでわりと取り組みやすかったのですが、社内システムや共有フォルダの構成などは会社によって異なるので覚えるまで時間がかかります。が、仕事より一番大変と感じるのが人間関係。前の派遣先では同じ部署の同じ仕事をしている契約社員の方とは同年代でとても仲が良く、毎日多少の愚痴を言いながら楽しく仕事をしていたのですが、新しい職場では人間関係を1から構築していかなければなりません。今のところ昼食は同じフロアの派遣・社員の女性と一緒に食べて情報収集と関係構築を進めているところです。仲良くなっておくと、仕事で困ったときもアドバイスしてもらいやすいので、仕事を円滑に進めるためにも早くなじめるようにしていきたいです。

 

 新しい業務に就くのは新鮮に感じられますが、人間関係を構築するのは年とともに大変になってきていると感じるようになってきました。実は新しい派遣先は、以前正社員で営業をしていたときの取引先で、担当の方とはとても仲良くさせていただいていたのです。その方がまだ在籍されていて、8年ぶりに再会して色々お話しました。残念ながら今回の業務でかかわることは殆どないのですが、まだ知り合った方ばかりの職場で、以前から知っている方がいるのはとても心強いです。少し気が楽になりました。

 

始まったばかりなので緊張しているせいか、1日の仕事が終わったときの疲れが以前と全然違います。早く前と同じくらいにリラックスして仕事ができるようにキャッチアップしていきたいです。

 

充電期間中に気づいたこと

先月下旬から新たな派遣先での就業が始まり、土日も家事&育児どっぷりの生活でPCを開ける暇なく8月に突入。今日は台風が近づいているため仕事は午前中だけで帰宅しました。子供も午前中で保育園が終了し、実家で遊んだり大人しくテレビを見てくれていているため、久々に家でまったりと過ごしています。

 

さて、今回新たな派遣先で働き始めるまで少し自由(充電)時間がありました。ハワイ旅行の後であまりお金を使うことは控えたかったので、平日に大学時代の友人とのランチと1日子供をキッザニアに連れていった他はほぼ家にいることに。最初は家の片付けや放置気味だった翻訳の通信教育の勉強を行う予定でやる気満々だったのですが、暑くてなかなか気が進まず。。。でも、通信教育は全ての課題の提出を終え、片付けもLDKは計画通りに完了しました。長期間押入れに眠っていたオイルヒーターを回収に出したり、本・CD・DVDを整理して不要分を楽天経由で買い取りに出すことができたので、予定の70%位は終えることができました。

 

そんな充電期間中ですが、はっきり言って孤独でした。友達と1日ランチした他は、家族以外と会話することもなく、以前の勤務先の方々とコミュニケーションをとりながら楽しく働いていたころに戻りたく思うように。そして、時間がたっぷりあると思うとついついゆっくり無駄に過ごしてしまい、暑いのもあって片付けや英語の勉強などになかなか取り掛かれませんでした。そして家にいると運動不足で腰痛が悪化してきたので、毎日早朝にウォーキングして、体力維持と気分転換に努めました。

 

将来、在宅で翻訳の仕事をしたいと考えて、通信教育の受講や派遣での社内翻訳の仕事をしてきましたが、在宅で仕事をするのは自己管理や孤独への対応が必要であることを痛感し、今の自分には向いていないと思うようになりました。通勤時間はかかるけれど、会社に行くとOnとOffの切り替えができるし、職場の方々ともコミュニケーションが取れることがとても楽しく感じられるのです。育児に関して夫と両親の協力が得られ、介護の必要もなく外で働くことが可能であり、かつ働き口がある限りは在宅ではなく外で働くことにしようと思います。

 

現在開催中の楽天マラソンですが、新しい職場での業務が始まって買いたいものが色々と出てきて現在検討中です。

 

曲げわっぱ弁当箱

現在人気の曲げわっぱ弁当箱。今の職場には電子レンジがないため、保冷財でキンキンに冷えたプラスチックの弁当箱だとご飯の味がイマイチ。というわけで、曲げわっぱ弁当箱を買うか検討しています。ただ、初めて使うので2000-3000円の安い物をお試し購入するか、いきなり8000-10000円の日本製を購入するかで迷い中。安い物はすぐにだめになるから何れは日本製の弁当箱を購入することになるとのレビューがありましたが、いきなり1万円の弁当箱を購入するのはやはり勇気が要ります。扱いに手がかかることから続くかどうかもわからない。。。というわけで、悩んでます。

 

②オフィス用の靴

オフィス用の靴としてナースシューズの購入を検討中。ただ、楽天で靴を購入したことはなく、サイズ変更やお客様都合の返品はできないお店が多いことから躊躇しています。2000円未満で安いですが、やっぱりそれでも失敗したくないので。下記のお店は返品可能なので検討中です。

 

もう少し時間があるので悩んでみます。