On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

カップヌードルミュージーアム大阪池田&五月山動物園

先月のある日曜日、大阪池田にある安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージーアム)へ行ってきました。家からかなり離れているのですが、世界に1つだけのMYカップヌードルを作ることが出来るというわけで、ラーメン&体験が大好きな息子にはぴったりだと思い、朝早くから電車で出かけました。

 

f:id:pikarie08:20180217150328j:plain

 

建物の中に入ると早速、これまで発売した即席めんのパッケージがズラリ。

f:id:pikarie08:20180217150429j:plain

 

息子はインスタントラーメンの歴史などの展示には全く興味を示さないので、早速お目当てのカップヌードル作りへGO!

f:id:pikarie08:20180217150608j:plain

カップを300円で購入し、サインペンで絵を書いていきます。席の案内も非常にスムーズでした。外国人(西洋人からアジア人まで)沢山来られていました。ガイドブックに載っているのでしょうか。中国語の話せる店員さんもいました。

 

カップに絵を描き終えたら、係りの方に渡してまず麺を機械で投入してもらいます。

f:id:pikarie08:20180217150852j:plain

 

そして、スープ4種類の中から1種類、具は4種類を選んで入れてもらいます。ここオリジナルのひよこちゃんナルトはマスト。

f:id:pikarie08:20180217151005j:plain

 

パッキングして完成です。

f:id:pikarie08:20180217151048j:plain

 

ビニール袋に入れて空気を注入して持ち運びやすくするのですが、数が多いと結構かさばります。私と息子の2人で行ったのですが、パパの分も作ったので合計3つになりました。

f:id:pikarie08:20180217151215j:plain

博物館のクイズに正解し、記念品(メモ帳)をもらいました。

 

ちなみに私はスープはチリトマト味?にしました。後日食べてみると結構スパイシーでした。カップヌードルはめったに食べないので、たまに食べるとおいしいです。息子はもっと頻繁に食べたいそうですが。。。。

f:id:pikarie08:20180217151426j:plain

 

博物館のあとは少し歩いて五月山動物園へ。無料で楽しめる動物園です。特に動物とのふれあいの場があるのがうれしいですね。

f:id:pikarie08:20180217151527j:plain

公園にもよってちょっとスリリングな滑り台などで遊び、楽しい1日となりました。小学生になったら予約制のチキンラーメン作りにも参加できるようなので、もう少し大きくなったらまた来たいと思います。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

子供不在の休日。家事の貯金を作る。

年長の息子は昨日から一泊二日で通っている体操教室の雪遊び合宿に参加しています。体操教室のお泊り合宿に参加するのは夏に続いて2回目。夏のお泊りがよっぽど楽しかったようで、この合宿もお知らせの手紙を見て参加したいと言い出しました。私たちの住むところは雪は年に1回積もるかどうかで、私も夫もスキー・スノボはしないため、沢山の雪で遊ぶ貴重な経験が出来るということで参加を許可しました。

 

昨日の朝、私が集合場所まで送って行き、帰宅後午前中はいつものスーパーへ買出し。午後は美容院と帰りに買い物に行き、後は家でのんびりしました。

 

f:id:pikarie08:20180211171338j:plain

夕食はサーモンの蒸し焼き、ナムル、豚汁。夫は夜寄合があったので1人でビデオを見ながら食べました。テレビを見ながらの食事なんてホント久しぶりで至福の時間でした。

 

今日はいつもどおり5時ごろ起床してパン作り。そして息子の誕生日ケーキのスポンジを焼いておきました。パンを焼いた後すぐにスポンジをオーブンへ。このタイミングを合わせるのがちょっと大変でした。

 

これで通常の家事は終了ですが、息子がいない貴重な休日ということで、ちょっと頑張って家事の貯金を。まずは4月に息子が小学生になるのに合わせ、夫と2人でリビングの模様替え。ランドセルも出して置き場所を確保しました(落ち着いたらブログで紹介できればと思います)。

 

昼からは風呂掃除と冷蔵庫掃除。年末の大掃除の後、しばらくルーチンの掃除以外はやっていなかったのですが(これがホント楽だった)、1ヶ月の間に少しずつ汚れが溜まってきていたので、この機会に済ませました。特に風呂掃除はやった後はスッキリした気分で風呂に入れて満足感を得られるのですが、やる気がなかなかでなくて腰が重い嫌いな掃除の1つです。冷蔵庫の野菜室はいつも土などが落ちないように気をつけて入れてもいつの間にか落ちて汚れているので、除菌スプレーを使って拭き掃除しました。

 

愛用のスプレー

 

 

これで家事の貯金が出来たので、しばらくは楽できそうです。次はGWに中掃除を行う予定です。

 

今日のおやつ。ブラックチョコに巻いてストックしていた冷凍パイシートをミニチョコクロワッサンを作りました。

 

f:id:pikarie08:20180211173137j:plain

 

静かな部屋でおいしいおやつを堪能できました。が、もうすぐ息子が帰ってきます。大量の洗濯物がやってくる!!またいつものにぎやか&多忙な毎日が戻ってきます。うれしいやら悲しいやら。。。まだ休みが1日あるので、家族で息子の誕生Partyをする予定です。ショートケーキのデコが上手くいきますように。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

仕事をしていて良かったと思うとき

先日、平日の午前中に用事があり、午後から出社の予定でした。

その午前中の用事でちょっと気持ちが落ち込むことがあり、モヤモヤしながら帰宅して昼食。その後1時間かけて通勤するのも億劫でしたが、急に仕事を休むのが嫌いな私は思い切って予定通り午後からの仕事に向かいました。

 

電車の中でも暗い気持ちを引きずっていて、英語の勉強をしていても英単語は全く頭に入ってきませんでした。しかし、会社に到着し、周囲の人と話をしながら仕事を進めていくうちにいつの間にかモヤモヤが消えて帰宅するときにはスッキリ!に変わっていました。きっと仕事に行かなかったら1日中モヤモヤのまま無駄に過ごしてしまっていたと思います。

 

週5日、40時間近く一緒に仕事をする方々は、すっかり今の生活の一部になっていて、そこに戻ると落ち着くのです。自分の生活の中に、家庭以外に居場所があることって大事だとしみじみ思います。身体だけでなく心を整えるのって案外難しいですね。心が乱れたときに気持ちを切り替えられる方法をいくつか用意しておく事が大事だと思いました。

 

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

5年半通う保育園での勉強面での取り組み

年長の息子が5年半通う私立認可保育園は、どちらかといえば勉強熱心な園です。

2歳児クラスから漢字のカードを見せて読み方を当てるゲームをしています。3歳からは毎月1冊の漢字交じりの物語絵本をみんなで毎日音読し、その後出てきた漢字が書かれたカードを見せて当てるゲームをします。フラッシュカードと呼ばれる方法でしょうか。

 

園からは毎月この物語絵本1冊と「ひかりのくに」のような幼児向けの本の2冊を持ち帰ってくるので、絵本は殆ど買わないですんでいて、後は図書館で借りる程度です。夜は漢字の本とそれ以外の本を毎日交互に読み聞かせをしています(1日は漢字の本!と決めないと、漢字の本を自分から持ってこないので。。。)。この漢字の本は桃太郎などの昔話が多いのですが、「八俣の大蛇」の本は大人でも読めない漢字が多く、息子に教えてもらう始末。。。大人にも良い勉強になります。

 

f:id:pikarie08:20180205093100j:plain

 

そんな息子の言葉の発育を振り返ってみました。

 

1~2歳のころ 数字を覚える(散歩中に車のナンバープレートの数字を読んで、周りの人にほめられる)

 

2~3歳のころひらがな読みマスター(散歩中に通る車をじーっとみて、ナンバープレートのひらがなを教えてくれる)

 

3~4歳カタカナ読みマスター、ひらがなを書くのが好きでくもんのドリルをやらせていました。

 

4~5歳で漢字(小1レベル?)の読みを覚える。漢字ブーム到来で、小1の漢字ドリルをよくやっていました(今は下火)。

 

大人はつい数字→ひらがな→カタカナ→漢字の順番でやるべきで、漢字なんて早すぎると思いがちですが、実際町中にはその4種類が混ぜ混ぜにあふれているわけで、子供にとっては一緒に習うことにそれほど抵抗がないようです。私は漢字を覚えるのが嫌いでしたが、息子は勉強大好きで漢字も興味を持って楽しんで覚えているので、一緒に勉強するのもアリだと思いました。保育園の音読のおかげで息子は上手に文字を読んでいます。

 

この状況であれば、学習面での入学準備は特に必要ないようです。ただ、学習面はすっかり保育園任せなので、入ってからどうすべきかちょっと不安で、少しずつ情報を集めているところです。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

ECCジュニアを始めて約3年後の現在

年少の4月からECCジュニアを習い始めてもうすぐ3年になります。

 

<これまでの記事>

pikarie08.hatenablog.jp

pikarie08.hatenablog.jp

 

この3年間の英語の上達ぶりを振り返ってみると。。。最初の半年間はレッスン以外の日常生活で英語が息子の口から出てくることはありませんでした。年少クラスは宿題がなかったので、たまに家や車の中でDVDやCDを聞かせていましたが、そのうちお気に入りの歌が出てきて口ずさむようになりました。そして、半年が経過したくらいから、日常のあらゆるものについて「ママ~○○って英語でなんていうの?」と聞いてくるようになりました。それからも習った単語はどんどん口から出てくるようになりました。

 

そして、習い始めて2年半で、ついにECCで習った文が自然に口から出てくるようになりました。ある日、食事中、スプーンの方が食べやすい料理を食べ始めたのでスプーンを差し出すと、「Can I use this, please?」としゃべったのです。これにはビックリでGood Job!と言って沢山ほめてあげました。

さらに、dirtyやcleanといった形容詞を習ったら、それを名詞と組み合わせてmy clean shoesなどのフレーズが出てくるようになりました。

 

息子(を含めてECCのクラスメイトみんな)は発音がすごくいいのです。子供は単語を覚えるのも文字の情報なしで聞こえてきた音をそのままにまねるから上手ですね。文字情報がない分、単語を覚えるのも少し時間がかかるのですが、文章となるとさらに口から出てくるのには時間がかかるものだというのがよくわかりました。

 

今の英語学習のスタイルは、週1回のECCレッスンと宿題(土曜日の昼食後にやると決めています)。そして、毎日えいごであそぼwith Ortonを見ています。Ortonは従来の英語番組(英語の歌中心)とは違って発音にスポットを当て、発音に適したマシーンを作りながら発音の仕方を詳しく解説してくれるのですが、工作好きの息子にはぴったりの番組で毎回欠かさず見ています。この番組のおかげでさらに発音に磨きがかかっています。

 

英語学習は細く長くが私のモットーなので、家での取り組みは少なめです。ECCジュニアの先生は日本人ですが、発音もいいし人数の多いクラスでも上手くコントロールしてレッスンを進めていただいているようなので、今のところ満足しています。ECCでは教材がしっかりしていて、同じ単語・文がレッスン・DVD・物語などに繰り返し出てくるので自然と覚えられます(言葉の習得には繰り返しが肝心)。先生はネイティブだけど英語の歌を歌ったりゲームして終わりというレッスンよりは身につきやすいのではと思います。

 

小学一年生では子供向けのオンライン英会話はまだ早い気がするし、本人も気に入っているECCジュニアをしばらく続ける予定です。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

小学校入学前にしておきたいこと ~体力づくり~

息子の小学校入学まで2ヶ月と少しになりました。学童の申し込みと制服の採寸を済ませ、制服が到着するタイミングで写真屋さんでの撮影の申し込みをしたところです。同じクラスの先輩ママから小学校の情報を仕入れていますが(これがすごく助かっています)、来月開催される学校の入学説明会の後に本格的に準備を開始する予定です。

 

小学校入学前にしておきたいこととしては、数字や文字の練習などの学習面での取り組みは良く知られていますが、息子の場合、通っている認可保育園は勉強に力を入れているので、家では特に何もしていません。以前は本人の希望で公文のドリルなどをやっていましたが、今は専ら工作に夢中でやりたいと言い出さないのでドリルの学習もストップしています。(保育園での取り組みについてはまた別記事で紹介できればと思います)

 

我が家の場合、取り組んでいるのは体力づくり。息子は基本車での登園で、休日もお出かけは車中心なのであまり歩く機会がありません。入学予定の小学校は平坦な道で徒歩5分なのでそれほどギャップはないのですが、遠足などの行事もあることからもう少し体力(特に持久力)をつけさせる必要があると感じています。そこで、昨年の秋からハイキングや電車でのお出かけを増やしています。残念ながら昨年の秋は長雨で思うように山登りが出来なかったのですが、少しずつ暖かくなる3月は2箇所ぐらいいけたらいいなぁと思います。

 

その子供についていくには運動不足の私も頑張らないといけないので、普段から駅ではエスカレーターではなく階段を使い、電車内では座らずに立つ(デスクワークで腰痛になったのもあって)、駅までは早歩きを心がけています。親子共に体力づくりに取り組んで行こうと思います。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

結婚生活 長くなると色々ある

 

夫と結婚してもうすぐ14年。結婚するまでに6年ちょっと付き合っていたので、知り合って20年超になります。

 

結婚生活の中でマイホームの購入や子供の誕生など、大きいイベントを経験するうちに夫とぶつかることも多くなって、夫とは価値観がずいぶん異なることを実感するようになりました。よくよく考えてみると、人の価値観は育った家庭環境に依存していることに気づきました。私の実家はサラリーマン家庭ですが、夫の実家は自営業でかなりの亭主関白の家庭。夫は亭主関白タイプではなく、私の意見も尊重してくれるところは異なりますが、仕事やお金、余暇に対する考え方はサラリーマン家庭で育った私とは随分違っています。結婚するまで6年も付き合っていても、結婚してから気づくことも沢山あるわけで、それまでに全てを見極めるのは難しいですね。

 

よく離婚の原因に「性格や価値観の不一致」が挙げられますが、全く同じ人にめぐり合うのは難しいので、どれくらいなら許容範囲なのかは人それぞれ。価値観が異なるのにこのまま続けられるのか不安に思うところもあります。悩んでいるのは自分だけだと思っていましたが、うまくいっていると思っていた夫婦でも色々あるとわかると少し気が楽になります。

 

実は今週1週間、夫は出張で不在だったので、夫が担当していた育児・家事もやることになったのですが、これが結構大変で夫のありがたみを感じるようになりました。自営業の夫が育児のために時間を調整してくれるおかげで、私は外で働いて家事と育児を旨く両立できている。夫は私にとっては今は育児を乗り越える同志のような存在です。私の思いと異なることもあるけれど、ある程度同じ方向を向いていて、家の中が旨くまわればそれでいいのではないかと思うようになりました。

 

さて今日夫が出張から戻ってくるので、明日からまた2人で頑張ろう。