On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

初☆子連れで海外旅行⑤~コンドミニアムでの朝食

コンドミニアム滞在中、朝食は毎日ラナイ(ベランダ)でとっていました。

f:id:pikarie08:20170626151330j:plain

 

2日目は近所のスーパーで調達した飲み物・バナナ・ゆで卵に1階の売店で購入したクロワッサン・ブリトーが並びました。小ぶりのバナナは少しさっぱりしていて、甘くておいしかったです(日本では食べたことがない味でした)。

 

f:id:pikarie08:20170626152018j:plain

こちらはスーパーで調達したパンにウインナー(ターキー)をはさんでホットドッグに。甘く熟したマンゴーが美味♪

 

f:id:pikarie08:20170626152135j:plain

 

1Fの売店で購入したベーグルにハムとスクランブルエッグをサンド。ヨーグルトはスーパーに沢山の種類が並んでいて、どれを買うか迷いました。

 

f:id:pikarie08:20170626151755j:plain

 

景色はオーシャンビューではありませんが、椰子の木が植えられて綺麗に手入れされた庭や緑の山々を望むことができます。

 

f:id:pikarie08:20170626151516j:plain

いつも日本で食べている朝食とあまり変わりませんが、開放感あるラナイでステキな景色を見ながら食べるのは幸せです。1日ぐらいレストランで朝食を・・と思っていましたが、ここで食べるのが楽すぎて滞在中ずっとこのスタイルでした。コンドだと電子レンジや冷蔵庫、コンロ(ラジエントヒーターでした)もあるので、朝食もリーズナブルに済ませることができました。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

初☆子連れで海外旅行④~コンドミニアムのプール&ビーチ

前回に引き続き、マウイ島で滞在したコンドミニアムについて。

 

pikarie08.hatenablog.jp

 

今回は、プールとビーチを紹介します。

f:id:pikarie08:20170625100810j:plain

このホヌア カイ リゾート&スパは、コンドミニアムですが、プールが充実していて、数種類のプール&ホットスパがあります。プールにはちょっとしたスライダーもあり、チビッコたちに大人気!うちの息子も滞在中は何度も滑っていて100回くらいは滑ったかな(子供に混じって私も何度か滑りました)。

 

f:id:pikarie08:20170625095925j:plain

息子はスライダー利用条件の身長はクリアしていましたが、スライダーのあるプールは深くて足がつかないため、夫と私が交代で下で待機して抱きかかえる必要があります。が、ずっとプールに入って待っていると寒いんです。特にマウイは風が強いので、ぬれたままプールサイドにいると身体が冷えるので、水の中に入っているほうが温かい。なので、プールから出るとホットスパに入り浸っていました。最終日は息子にライフジャケットを着せて滑らせていたので、1人で岸まで泳ぐことができ、待機は必要なくなったので、プールサイドから監視してました。うちの息子の場合、習っているスイミングでもヘルパーを卒業しているので泳ぐのも問題なかったです。

 

子連れは、このスライダーのあるプールやそれにつながっている洞窟のプールに集中していましたが、それ以外にもいくつかプールがありました。

 

こちらはインフィニティプール。早朝~夜9:00まで空いてますが、さすがに朝晩は寒くて泳ぐのはムリです。

 

f:id:pikarie08:20170625100641j:plain

 

でも、外人の子供たちは朝7:00に泳いでてビックリ!

 

プールサイドにはこんな可愛い子猫が。

f:id:pikarie08:20170625100727j:plain

 

ホテルで餌付けしているようで、数匹がうろうろしています。人懐っこくてスリスリしに寄ってきます。

 

さて、プールの向こうにあるビーチに向かいます。

f:id:pikarie08:20170625100939j:plain

 

いつも朝の散歩で訪れたビーチ。朝7:00頃でも沢山の人が歩いていました。外人たちはサンダルを脱いで、波打ち際をぬれながら歩いています。

f:id:pikarie08:20170625101100j:plain

 

昼間に一度泳ぎにきたのですが、波が高くてすぐに深くなるので、あまり海水浴向きではありませんでした。ちょっともぐってみましたが、魚もおらず・・・

 

f:id:pikarie08:20170625101226j:plain

 

ただ、散歩にはもってこいのビーチでした。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

初☆子連れで海外旅行③~コンドミニアムの部屋

マウイ島で4泊したコンドミニアムはホヌア カイ リゾート&スパ。

www.honuakai.com

 

マウイ島のカフルイ空港から車で50分ほど。カアナパリからさらに北に10分ほどのところにあります。建物は2棟あり外観はほぼ同じ。私たちの部屋はフロントデスクのある棟ではない方の建物でしたが、売店も1Fにありそれほど不自由しませんでした。

 

フロント1Fロビーから見た海側の庭。

f:id:pikarie08:20170618165912j:plain

 

では部屋へ。扉を開けるとすぐにキッチン。

f:id:pikarie08:20170618164713j:plain

とても綺麗で、電子レンジや大型冷蔵庫、オーブン、食洗機もついていました。ただ、キッチンカウンターは高いため、153cmの私にはやや使いづらい・・・というわけで、自動的に皿洗いは185cmの夫担当になりました(^ ^)v。

 

洗剤やペーパータオル、クロスもついていました。

f:id:pikarie08:20170618164928j:plain

 

キッチンの奥には洗濯機と乾燥機。部屋にあるといつでもまわせるので本当に便利で毎日洗濯していました。洗濯と乾燥が分かれているので、2回まわす時も便利。電気代も気にせずに乾燥機もガンガン回せるって幸せ( ̄∇ ̄人)水着の脱水もできて大助かりでした(ビーチリゾートでは水着を洗って乾かすのが結構手間な作業なので)。ただ、最初は使い方がわからず、ネットで調べながら試行錯誤・・・3日ぐらいでようやく使いこなせるようになりました。

 

f:id:pikarie08:20170618170517j:plain

 

リビング・ダイニング(写真を撮り忘れてしまった)向こうにはラナイ(ベランダ)が。

f:id:pikarie08:20170618165030j:plain

今回は、マウンテン&ガーデンビューにしました(子供がいると景色を楽しんでいる暇はほとんどないので、ここはコスト重視)。3Fでしたが視界が開けていて綺麗な庭と緑の山が綺麗に見えてなかなかのナイスビューでした。

f:id:pikarie08:20170618165222j:plain

 

部屋とラナイの間のガラス窓を開け放して網戸にすると、ラナイがリビングの一部になってさらに開放的になります。

f:id:pikarie08:20170618165320j:plain

 

ベッドルーム。ここで3人川の字で寝たのですが、息子の寝相が悪くてたたかれたり蹴られたり頭突きされたりとたびたび起こされ、夫と私は端によって小さくなって寝てました。

f:id:pikarie08:20170618165447j:plain

 

バスルーム。トイレとシャワーブース、バスタブがありました。口コミでバスタブにお湯をためるとタンクの水がなくなってお湯が出なくなるとあったので、連日シャワーのみでした。プールにはジャグジーもあるので、問題なかったです。

f:id:pikarie08:20170618165620j:plain

 

2009年オープンしたということで、マウイ島の中では新しいコンドだったため、とても綺麗で清潔、かつ手入れも行き届いていて気持ちよく滞在できました。息子も夫も気に入ってくれてよかったです。滞在中、日本人には全く出会いませんでした。

 

コンドの記事が続きます。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

初☆子連れで海外旅行②~機内での様子(往路)

子連れで海外旅行となると、一番の心配事は長時間のフライトをどう乗り切るかということ。日本からハワイまでは行きが6時間程度、帰りは8時間程度なので結構長く、時差もキツイです。事前にネットで調べてあれこれ対策を立てました。行きに関しては、日本を夜出発し、現地には朝到着することから、機内ではできるだけ寝かせることにしました。

 

今回、日本⇔ホノルル間は日本航空JAL)を利用することにして8ヶ月ほど前にJALウェブサイトで予約・発券しました。オアフ⇔マウイ間はハワイアン航空になりますが国際線とセットで予約しました(そうすると預ける荷物1人1個の料金は別途かかりません)。比較的閑散期ということと出発まで期間があったのでかなり安く、かつ座席も比較的選べました。我が家の場合親子3人ですので、往復共に後方左側の3席の並び席を確保しました(事前に選べるのはJAL便だけですが、ハワイアン便も結局3席の並び席でした)。

 

出発は22:05だったので、当日私は仕事を休んで準備をし、息子は保育園へ。習い事の体操教室終了後、帰宅してすぐシャワーを浴びて3人で家を出発。最寄り駅まで実父に送ってもらいました。そこから電車・バスで関空へ。19時半に到着したらまずは荷物を預け、夕食&ダイソーでトラベルグッズ等のお買い物をしました。

 

フライトは事前にWebチェックインと搭乗券の印刷を済ませていたので、荷物を預けるのもそれほど待たずに済ませることができました。

 

乗る前にハミガキを済ませ、搭乗したら息子はすぐにパジャマにお着替えし、飛行機で寝る体制にもっていきます。すると離陸と同時に夢の中へzzz。いつもなら寝ている時間。ここはすごくスムーズにいってホッとしました。私も機内食はほとんど食べずに寝ていました。

 

f:id:pikarie08:20170611080133j:plain

 

座席は窓側に夫、通路側は私で真ん中に息子という配置でした。自分の座席に座ったままだと寝難かったようで、途中からは夫と私に寄りかかって寝ていましたが、いつもと違って寝返りが打てずに窮屈そう。4時間ほど寝たところで起きてしまいました。

 

それから到着までは機内食を食べたり少し個人モニターでディズニーアニメをみていました。機内食は息子が起きたらCAさんが持ってきてくれました。おなかがすいていないのかあまり食べず、残りは夫と私が食べました。

 

食事は予約時に頼んでいたキッズミール。お菓子等は持ち帰りました。

f:id:pikarie08:20170611080556j:plain

 

 

息子は到着時にはすっかり目が覚めて、自分の足で歩いてくれて飛行機を降りました。入国審査は小さい子連れの場合は優先レーンに案内されたので、30分ほどで終了しました。荷物を受け取り、また預けてハワイアン航空でマウイ島に飛びました。

 

マウイ島に到着してレンタカーを借り、乗って10分もしないうちに息子はお昼寝。寝不足の私も寝てしまいました。

 

長くなってきたので、帰りのフライトについてはまた別記事で。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

 

初☆子連れで海外旅行①~プランニング

f:id:pikarie08:20170608175552j:plain

 

先日、家族3人でハワイのマウイ島に行ってきました。私は海外旅行が大好きで、子供が生まれるまでは仕事も含めて年1~2回程行っていました。子供が生まれてからは海外旅行は機内での過ごし方を考えると少しハードルが高く感じ、安・近・短の国内旅行を年2回楽しんでいました。しかし、子供が年長になり、平日に休めない小学生になる前に海外に連れて行きたいと思い、半年以上前から計画開始しました。

 

1.旅行時期・ロケーション

通っている保育園の年間スケジュールでは、9~12月までは文化祭でのマーチングバンドやお遊戯会の練習で忙しく、1~3月は音楽会の練習と小学校の準備でちょっと予定が不透明で旅行の予定が立てにくい状況でした。一方、5月の運動会以降、夏休みまでは大きな行事がなく、また寒い時期よりも体調を整えやすいことから、5-6月に行くことにしました。

 

時期が決まったら今度は行き先。なるべく近くてのんびりできるリゾート、そして英語圏であることを条件に捜しました。一番の候補はサイパンでしたが、5-6月は丁度雨季になることから、気候が良いハワイに。ハワイは今までオアフ島2回とハワイ島1回、日帰りでカウアイ島に行ったことがあるのですが、今回はのんびりできるリゾートが希望だったので、行ったことがないマウイ島に決定しました。

 

3.フライト

日本ーハワイ間の飛行時間は6-8時間と比較的長いことと、初めての子連れ海外なので、機内エンターテイメントが充実している日系航空にしました。元々ANA派ですが、残念ながらANA関空からホノルルまでの直行便がなく、関空マウイ島は2回の乗り継ぎとなることから、関空⇔ホノルル直行便があり、より乗り継ぎの少ないJALを選択しました。実際、JALは座席が比較的広くて、身長185cmの夫も足が前の座席に当たらず伸ばせて楽だったようです。

 

4.宿泊

マウイ島には選ぶのに迷ってしまうくらい沢山のホテル・コンドミニアムがありますが、ロケーションや設備などから、最初はウエスティンホテルとシェラトンを候補に挙げていました。どちらもビーチやショッピングセンターに近く、プールも充実している所が気に入っていたのですが、予算面でやや狭い部屋になってしまうことと、ホテル内にコインランドリーがないことが気がかりでした。

 

そこで、ホテルよりも部屋が広く(ワンルームではない)、キッチンや洗濯機もあるコンドミニアムを捜し始め、予算的に最もマッチしたのが下記のコンドミニアムでした。部屋はBooking.comで予約しました。

 

www.honuakai.com

 

 

5. 移動手段

マウイ島について情報を集めていると、オアフ島以外はレンタカーがないと不便とのことだったので、レンタカーを手配しました。マウイ島のカルフイ空港から宿泊するコンドミニアムまでの移動だけでも3人で片道75ドル(+チップ)かかるのですが、レンタカーは1日100ドル弱だったので、思い切って空港からレンタルしました。スーパーの買出しも水やお酒などの重いものも多かったので、車があって助かりました。ちなみにレンタカーは下記のサイトで予約しました。

 

www.uitravel.com

 

さて、次は準備について記事にしたいと思います。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

5歳の息子が夢中の室内遊びいろいろ

予定が入っていて今日は仕事を休みました。晴れたり曇ったりで少しムシムシするけれど、家の中にいると過ごしやすい午前中です。いつもの家事にプラスの仕事は、リビングのラグを洗濯したくらいでのんびり過ごしています。午後は冷蔵庫の掃除でもしようかな。

 

今年の春は過ごしやすい日が多くて、週末のたびに家族でピクニックに行ったり、家のメンテナンスをしたりととても充実しています。いつもは4月から入梅までの期間は短く感じていたのに、この季節を満喫したり家事がはかどるようになったのは、息子が成長して1人で集中して遊ぶようになったり、息子が庭で遊びながら私は草取りをしたり、一緒に掃除したりするようになったからかもしれません。

 

最近の息子はピタゴラスイッチに夢中で、毎日録画した番組を1日エンドレスで見て、そしておもちゃや文具などを使って自作して楽しんでいます。もうピタゴラピタゴラってうるさくってこっちがうんざりするくらい。。。でも男の子は特に好きですよね。息子はお隣に住むご夫婦の孫さん達(小3と小1の男子)とよく遊ぶのですが、彼らも大好きで3人でいつも盛り上がってます。

 

そんな息子は折り紙も大好きです。1年ほど前に購入したこちらの本。最初は簡単なものもなかなか完成できずにかんしゃくを起こすこともありましたが、いつの間にか自分で本を見ながら色々できるようになりました。レベルが「簡単」「普通」「難しい」に分かれているのですが、「普通」レベルぐらいは作れるようになりました。「折り紙は折るときに角をあわせないと綺麗にできないよ」といつも声かけをしていたら、だんだんそろえられるようになりました(まだ鶴を折れるレベルではないですが)。

 

 

 

対象年齢が3歳からと比較的簡単なものも多いので、取り掛かりやすいお勧めの本です。

 

 

最近図書館で借りてきたこちらの本もお気に入り。きりがみが沢山載っていて、楽しんでやっています(切った折り紙がゴミとなって散らばるのは厄介ですが)。

 

そして、折り紙と並んで夢中なのがあやとり。生協でこちらの本を見つけて試しに購入しました。

 

 (結び目のない紐が2本ついているのが◎)

 

最初はとにかく指が固くて(力が入りすぎ!)1本ずつ曲げたりできないし、「親指」「人差し指」の呼び名がわからなくて(「お父さん指」「お母さん指」で指を覚えていました)苦戦して、1つもできずに数ヶ月放置状態が続きました。その後、またこの本が目にとまったようで、再び挑戦。私の猛特訓の結果、最初の「ほうき」ができたときはニンマリ笑顔。そこから次第に指がやわらかくなってきて1本ずつ動かせるようになり、指の名前を覚えていつの間にか本を見ながらできるようになっていきました。本に載っている作品の2/3はできるようになりました。子供の成長の早さにはビックリ!!

 

折り紙もあやとりも、脳トレや指を鍛えるのにはピッタリです。難しいものにも沢山トライしてほしいです。

 

 

 

老後の備え

20歳になって国民年金に加入し、40年先の60歳なんてまだまだなんて思っていたけれど、40歳は払込期間のちょうど半分。20年後となると60歳以降の老後が急に現実味を帯びてきます。

 

若いころから年金なんてもらえないと言われていますが、ちゃんと収めている限りは払っていない人よりもらう権利はあるわけで、もらえなくなることはないだろうと思っています。ただし、今の年金受給者よりも、もらえる年数と金額が減ることだけは確実だろう・・・私たち世代の場合、年金支給開始年齢は70歳になり、もらえる金額も、それだけでは今の生活水準を維持するほどではないのではと考えられます。

 

そんな中、私の老後の備えとして3本柱で進めています。

 

公的年金

大学卒業して就職後、何度か転職やブランクを経験し、国民年金及び第3号被保険者の期間が数年あるものの、それ以外はずっと厚生年金を納めています。支給開始年齢や支給金額は不透明であるけれど、開始後は死ぬまでもらえるので、これは一番重要な柱となります。

 

②生命保険会社の個人年金保険

大学卒業後にSEとして生命保険のシステム開発に携わっていて、保険商品についての知識を深めるうちに将来を見据えて加入したのが個人年金保険。税金の控除も受けられるメリットがあります。60歳からもらえるので、①の開始年齢までのつなぎになるのではと考えています。

 

確定拠出年金

これは最初に就職した会社で始まった退職金制度で、2つ目の会社に引き継いで加入していました。退職後、しばらくは掛け金の拠出なしで運用のみとしていましたが、昨年よりまた拠出を再開しました。というのも、②は控除額をすでにオーバーしているため、これ以上は加入できないことから目をつけたのがこれでした。掛金は全額控除対象となるので、税金対策にもなります。勤め先にこのような制度がない会社員、自営業、公務員、主婦まで加入できるようになったということは、今後老後資金は国に100%頼らず自分で貯めて備えろということなんでしょうね。そう考えると複雑です。

 

 

運用会社は、今まで近所の都銀で扱っている会社にしていましたが、諸経費(手数料)が高いことから今年に入ってSBI証券に変更しました。これらの諸経費は会社で確定拠出年金に加入している場合は会社が負担してくれるのですが、個人の場合は全額自己負担です。変更の手続きは簡単でしたが、資金が移管されるまで2ヶ月以上かかりました。月々の掛け金はまだ少ないですが、今後少し余裕ができたら上限まで増やそうと思っています。

 

老後のお金について考えると、やっぱりお金はあったほうがいいに決まってる。今から少しずつでも備えをしていかねばと思うようになりました。そして60歳以降も仕事を続けられるようにスキルアップと健康維持を目標に毎日精進していきたいです。