On と Off

夫と息子(2012年生まれ)の3人暮らしのワーキングマザーのOnとOffを綴ります

LEGOLAND Japanへ行ってきました

11月に息子と私の両親でLEGOLAND Japanへ行ってきました。

日帰りでも行けない距離ではないけれど、朝ゆっくりするために名古屋市内のビジネスホテルに一泊することにしました。夕食は名古屋名物「ひつまぶし」。

 

f:id:pikarie08:20171203174755j:plain

お店はこちら↓

名古屋名物ひつまぶし うなぎのしら河|日本料理大森

 

しら河御膳を息子と2人で分けて食べました。ホロホロのうなぎとたれがしみこんだご飯の組み合わせが最高。特に3杯目のお茶漬けがわさびと薬味を入れるとあっさりで、一番好みの味でした。

 

宿泊したビジネスホテルはこちら。まだ新しくて清潔、そしてなにより浴場があったのが良かったです。栄(繁華街)へのアクセスも◎で快適に過ごせました。

 

ABホテル名古屋栄

 

その翌日はレゴランドへ。名古屋市内中心部より車で30分以上かかりました。平日でしたが連休の合間ということで結構混雑していました。

f:id:pikarie08:20171203175729j:plain

 

園内にはいたるところにレゴのキャラやレゴでできたオブジェが!写真とりまくりです(フォトジェニックってところでしょうか)。

 

f:id:pikarie08:20171209151123j:plain

 

こんなところ(パーティションポールの中)までレゴが使われていて、徹底されています。

f:id:pikarie08:20171209151239j:plain

 

レゴで作られたミニランド。大人にはフォトジェニックですが子供は完全に素通りです。。。

f:id:pikarie08:20171209151739j:plain

 

さて、子供が一番喜んだのはやはりアトラクション。まずはジュニア・ドライビング・スクール。こちらは3-5歳の子供が楽しめます。

f:id:pikarie08:20171209152051j:plain

車はレゴでできていませんが、装飾がブロックぽくてレゴランドらしい。

 

サブマリンアドベンチャー。潜水艦に乗ると、窓の外は水の中。沢山の魚が泳いでいます。もちろんレゴでできた建造物やお魚などもあってとてもカラフル。これは子供も大人も楽しめます。

 

f:id:pikarie08:20171209152205j:plain

 

レゴ・ファクトリー・ツアー。レゴブロックの工場を見学し、最後にココ限定のイラスト(今回はサンタの絵)入りのブロックを参加者全員にプレゼントしてくれます。

f:id:pikarie08:20171209152628j:plain

 

入園後、すぐに予約したレゴ・クリエイティブ・ワークショップ。参加したのは歯車を使ってこまをまわすというレッスンでした。ただ作るだけじゃなくて仕組みを学べるように工夫されていました。

f:id:pikarie08:20171209152851j:plain

 

その他、ビートル・バウンス、ドラゴンアプレンティスなどに乗りました。私はザ・ドラゴンに乗りたかったのですが、息子が小さいので断念。

 

昼食はナイト・テーブル・レストランで。私はビーフシチューをオーダー。肉がホロホロやわらかくておいしかった。

f:id:pikarie08:20171209153056j:plain

息子はキッズのカレーセット。キッズセットは結構なボリュームでお菓子などもついて結構コスパがよかったです。一方、大人の方はメニューはイケアのレストランのような感じですが、値段はイケアの倍以上。テーマパークは高めですね。安く済ませるにはレストランではなくてスタンドで買って外で食べるのがいいですが、寒すぎて無理でした。

 

園内はそれほど広くないので子供の足でも十分歩き回れるし、現実逃避できるレゴの世界を再現できています。遊園地にないアトラクションやレゴで遊ぶエリアもあってなかなか完成度高いですが、ちょっと入場料は高いのではと思いました(我が家の場合はお得な前売りチケットを購入しました)。でも息子はとっても気に入っているので、また是非遊びに来たいと思います。

 

少しずつ大掃除

11月の最後の週末。今日は夫が息子をスイミングへ連れて行き、そのまま義実家で夕食を食べて帰って来る事になっています。待ちに待った半日お一人様の日!というわけで、貴重な時間を大掃除とTOEICの勉強に充てることができました。

 

今日のおやつは焼き芋。焼き芋専用アルミホイルで巻いて、魚焼きグリルで17分焼くだけです。

f:id:pikarie08:20171125205643j:plain

 

焼き芋ホイルはこちらです。短時間で焼ける優れもの。

 

 

大掃除はここ数年は11月から週末に少しずつ進めるスタイルが定着しているのですが、今日は2Fの壁&床の拭き掃除と私の重要書類(紙)の整理を済ませることができました。天気も1日晴れてポカポカ日和だったので、はかどりました。

 

残るは1F。キッチンと風呂&洗面所の水周りがやはり一番時間のかかる場所なので、いくつかに分けて進める予定です。ちなみに窓と照明の掃除は毎年長身の夫が担当してくれています。掃除は苦手な夫ですが、のめりこむととことんきれいに掃除をしてくれるので、お互い長所を生かして頑張ればいいかなと思っています。

 

最近は大掃除を年末にせずにもう少し気候の良い秋に実施する人もいるそうですが、大掃除を済ませて新しい年を迎えるというこの日本の風習っていいなぁといつも思います。日ごろから掃除をコツコツできるひとはいいけれど、そうでない人たちが掃除をするきっかけをくれるのですが、ホントありがたい。こんなときでないとやろうという気になかなかなれないものなので。

 

ちなみに、私の場合、最近はGWにも中掃除をやっています。カーテンの洗濯、キッチンや洗面所の引出し掃除、外回りの草抜きなど。年2回やるだけでかなりキレイをキープできている気がします。

 

もうすぐ息子と夫が帰ってくる時間。私のシンデレラタイムもそろそろ終了です(- -)

 

 

我が家の味の決め手

しばらく更新が空いてしまい、11月も半分を過ぎたにもかかわらず今月最初の記事となってしまいました。

 

10月後半から保育園の行事が続き、長雨の後の冬支度等で週末は忙しく動き回っていました。今週から急激に寒くなってもう冬ですね。今年は安定した晴れの天気が続く秋を満喫できないまま冬が来てしまった感じです。

 

さて、寒くなると毎日夕食に出すのが味噌汁。息子が味噌汁が大好物なので、なかったら文句を言われます。もちろんカレーの日は作りませんが、そのときはカレーが大好物なので文句も出ません。(^^)

 

夏が終わると味噌汁や煮物を作ることが多くなるので、出汁を冷蔵庫に常備しています。

 

f:id:pikarie08:20171118152323j:plain

 

作り方は簡単で、にぼし+昆布 or かつおぶし+昆布を約20g出汁パックにつめて約1リットル入りのボトルに入れて水を注ぎ、冷蔵庫に入れるだけ。1晩、または朝作って夕方にはおいしいだしが出来上がっています。出汁パックにつめるのがちょっと面倒ですが、後片付けが簡単になります。鍋を使う必要もないし、水出しだと煮干のはらわたを取らなくでも良いのでホント楽。今はボトル2本交互に作ることで切らさないようにしています。これらの材料はまとめてビニール袋に入れて冷蔵庫で保管し、使うときもその袋を取り出すだけにしています。

 

もちろん顆粒だしも常備していて、出汁を作らない夏場や出汁を切らしてしまったときは使うのですが、やっぱりこの出汁で作った料理はおいしくて家族にも好評です。先日、このかつお出汁でたこ焼きを作ったのですが、たこ焼き用の粉を使わなくてもかつお風味の絶品たこ焼きができて大満足でした。

 

今日はこの出汁でおいしい豚汁を作ろうと思います。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

 

三日坊主の私が5年以上続いていること

子供のときから何かを習慣にして続けることが苦手だった私ですが、今5年以上続いていることがいくつかあります。

 

①保育園の手帳に息子の様子を記入する

ちょうど5年前、息子が8ヶ月のときに今の保育園に預けて働くようになりました。そのとき使っていた手帳には子供の様子を記入する欄があったので、家での息子の様子を記入していました。2歳児クラスからは罫線だけの手帳に変わりましたが、変わらず毎日様子を書いています。

 

休み明けは書くことが沢山あるのですが(~へ行った、どんなことをして過ごしたなど)、木曜日あたりになるとネタがなくなることもしばしばでしたが何とか苦しみながら書いたり、どうしても書く時間がないときは夫にまる投げお願いしたりと続けています。そうすると先生のコメントもすごく気になって、夕方帰って真っ先に手帳をチェックします。園での様子も書かれているのでとても助かります。私の場合、朝送っていくのは夫、夕方のお迎えは実両親にお任せしていて、保育園に顔を出すのは月1回程度なので、この手帳が先生との会話の代わりのようなものなのです。

 

先日、同じクラスのママさんに手帳に何を書いているか聞いたら「連絡事項以外何も書いていない」という返事でビックリ!子供の様子を書くのが決まりだと思っていたので、書かなくてもいいんだー。と知ったのですが、今更やめるのももったいないし、以前のものを読み返すと育児日記にもなるので、卒園まで続ける決心をしました。

 

NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」

 NHKラジオの英語講座にはもう10年以上お世話になっていますが、この実践ビジネス英語は多忙な仕事や育児で中断しながも続けていて、ここ4年ほどは欠かさず聞いています。私の場合はテキストは年間契約で購入していて、放送は1週遅れでUpされるストリーミングを聞いています。学習の流れはこんな感じ。

 

1.スクリプトを見ずにビニエットの音声のみを2回聞く

 

2.スクリプトを見てわからない単語をアンダーライン

 

3.テキストを見ながら放送を全て聞く

(Say What You Meanのコーナーはテキストを見ずに聞いて答えを探すようにしています)

 

4.2の単語をメモして英辞郎・英英辞典で調べる

 

5.ビニエットを2回ほど音読した後、日本語訳を見ながら瞬間英訳する

 

4以外は全て通勤途中の電車の中でやっています。最近5を追加しましたが、これがなかなか難しくて以前からやろうと思いつつも断念していました。ただ、実践されている方が完璧にビニエットどおりに英訳できなくても良いとブログで書かれていたので、少し気楽にやるようになりました。ビニエットを読んで単語・文法を全て把握できているつもりでも、いざ英訳してみると新しい発見があるので、暗記だけではなくて理解も深まります。

 

③ブログ

ブログを書くことも休み休み、引越ししたりしながらももう10年以上続けています。テーマも何度か変更してきて、今は生活の中心である子育てに落ち着いています。最近はちょっと更新が滞りがちですが、自分の考えを文章にまとめるって案外難しくてちょっとした頭の運動になるし、頭の中を整理するのにも役立ちます。書くたびに自分の語彙力の少なさにがっかりすることもしばしばですが、これからもマイペースで続けられたらと思います。

 

<ランキング参加中>

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

<インスタ>

Instagram

秋の長雨~洗濯事情と子供との過ごし方

先週末から続く秋の長雨。2日連続の雨はよくあるけれど、1週間以上も雨が続くことなんて、結婚して家事をするようになってから1度も経験したことがない気がします。さすがに子供も「毎日雨ばっかりやなぁ・・・」とぼやくようになりました。

 

そんな雨続きの毎日で一番困るのが洗濯。我が家は外干しが基本で雨が降りそうな日は今は物置と化している将来の息子部屋に干しています。窓を少し開け扇風機と除湿機を回しているので、雨が降っても翌日の朝には乾くのですが、この1週間の後半は朝になっても乾いていない衣類があることもしばしば。スペース上、1日分の洗濯物しか干せないので、半乾きの洗濯物の中でタオル類や綿の下着は乾燥機にかけます。我が家は乾燥機能付の縦型洗濯機で乾燥機能は殆ど使うことがないのですが、この1週間は本当に大活躍!!少し湿っている程度の洗濯物なら15~30分で乾きます。効率を上げるため洗濯物は少量に分けて乾かすようにしています。ドラム式洗濯機で毎日乾燥までお任せという方も最近は多いようですが、私は天日干しが好きだし、電気代や衣類の傷みが気になるのでこのスタイルでしばらくいくつもりです。

 

毎週末は必ずベッドの敷きカバーと布団カバーを洗濯しているのですが、土日終日雨に降られるとさすがにそれは無理(先週は土曜日の午前中はかろうじて晴れたのでその間に乾かしましたが)。できないのがすごく残念です。近所のコインランドリーに持って行くという手もありますが、この雨の中だとさすがに行くのも億劫になってしまいます。

 

長雨の最後は台風の到来!!月曜日の朝に上陸と言われていたのが少し早まって来たので月曜日は出勤できそうですが、交通機関の乱れが心配です。最近関西のJRは本当にダイヤが乱れることが多く、この長雨続きの上での台風なので、油断できません。また大きな災害にならないことを祈るばかりです。そして、台風が早まった分、日曜日の午後から大荒れの天気ということで(早朝の時点で大雨ですが)、選挙も午前中に済ませようと思います。

 

もう一つ雨の休日の悩み事と言えば、子供との過ごし方。小さいときは家でできる遊びも限られるので、ショッピングモールなどに行ったりすることも多かったですが、大きくなるにつれて、テレビを見たりパズルや工作、お絵かきなど机上でできる遊びも増えてきて1日中家にいてもそれほどストレスがたまらなくなってきたようです。息子は最近工作に夢中で、図書館で借りてきた工作の本から色々作っています。工作用紙の他、ストローやコンパス、定規を使うものも多いので、準備するほうも大変なのですが、すごく熱心に取り組んでくれるし、ものづくり大好きのパパと2人で遊んでくれるのが何より助かります(その間ママはゆっくり自分時間)。

 

今日は前々からの息子のリクエストのポテトチップス作りと、100円ショップで買っておいた絵の具で遊ぶ予定です。

 

アラフォーからの友達作りは難しい

最近、友達を作るのが難しくなってきたなぁとつくづく思います。

 

学生時代、そして社会人になって30歳くらいまでは、学校や職場の同期などで、信頼できて一緒にいてもリラックスできる友達がいたのですが、みんな結婚・出産等を経験するうちに住む場所が離れていき、気がつくと毎年年賀状でやり取りするだけで十年以上あっていない人が多数、年に数回会って話せる友達は片手もいないくらいになりました。

 

40代になって、職場でも、子供を通して知りえた人でも、他愛のない話はできるけれど、悩みを打ち明けたり弱みを見せたり、何でも話せる心からの友人はなかなかできるものではありません。元々人見知りで人付き合いは慎重なタイプなので、打ち解けるまで時間がかかるタイプなのも影響しています。今は生活の中心が子供だけれど、子供が巣立った後どうなるんだろうと一抹の不安があります。

 

そんなことで悩んでいるのって私だけ?と思ってネットで色々検索すると、結構同じような悩みを抱えている人がいました。特に独身の方のほうが切実な問題かもしれません。解決するには待っているだけではだめで、行動力が必要というのはわかっているのですが、年々守りに入っている気がします。

 

そんな中、毎日勉強している「実践ビジネス英語」に「30歳からの友達づくり」というビニエットがあって、なんてタイムリーなの!どんな内容なのかレッスンが楽しみです。

 

 

このビニエットの後ろの「今回のビニエットから」に、杉田先生が学生時代に北海道を一緒に旅行した親友がいて、いつかまた旅行しようと話していたにもかかわらず、それを実現することもなくその親友は他界されたと書かれていました。十年以上年賀状のやり取りだけの友人に、いつか会えると思っていても、もしかするとそれは実現しないかもしれないし、そうなってしまったら後悔するのではないかと思うようになりました。「いつか」しようと思っているだけでは何も実現しない。現状を打破するにはやっぱり行動力が必要なのですね。

 

行楽から帰宅したら夕方6時。そこからの夕食作り。

この三連休は土曜日こそイマイチなお天気でしたが、昨日・今日は汗ばむくらいの良い天気。昨日は家族でお弁当を持って公園へ。

 

f:id:pikarie08:20171009112649j:plain

いなり寿司(ガリは先日手作りしたもの)

から揚げ

卵焼き

こんにゃくの煮物(前日の夕食の残り物)

ちくわとブロッコリーの炒め物(チーズ味)

プチトマト

 

ブロッコリーは予めゆでておいたもの、いなり用の揚げとから揚げは市販品を使い、30分ほどで完成しました。公園に行くときは手早く作るためメインは市販品を使うことが多いけれど、家で作った弁当を持って行くようにしています。子供は外で思いっきり遊べてしかもお金もかからない(田舎だと駐車場が無料の公園が多いので)。公園ってホントすばらしい。

 

昨日は公園を2箇所はしごして温泉に入った後、家に着いたのが午後6時。荷物を整理して洗濯物を片付けているとヘトヘトで、夕食を作るのも億劫になりがちですが、ここで安易に外食をしてしまうと、昼間の節約も無駄になってしまいます。冷蔵庫の中にある食材を使って手早くできるメニューを考えました。

 

f:id:pikarie08:20171009113259j:plain

 

豚肉スペリアブの煮物&厚揚げ

レシピ:Cpicon 圧力鍋で!スペアリブ煮込み by *ゆずママ*

もやしのカレーナムル

レシピ:Cpicon ごま油が美味しい☺もやしのナムル☺ by ぷくっとぷくまる

もずく酢&キュウリ&じゃこの和え物

穀物

 

骨付き肉は圧力鍋を使うと骨からすぐにはがれてやわらかいので、子供にも食べ易くなります。圧力鍋を購入して3年ぐらいですが、骨付き肉料理のほか、大根のしたゆでからプリンまで、大活躍の鍋です。

 

そして我が家の定番料理のもやしのナムル。土曜日にスーパーに行ったときに必ずもやしを購入して作ります。カレー粉を少々入れてカレー味にアレンジしています。

 

我が家では根菜の他、季節を問わず必ず常備しているのがプチトマトとキュウリ。キュウリはサラダや酢の物など使いやすい緑の食材です。同じく常備しているモズク酢に、スライスしたキュウリと冷凍のちりめんじゃこを入れて混ぜるだけで完成です。

 

1時間もかからずに夕食が完成しました。主婦になって10年強ですが、特に子供が生まれてから5年で、献立を考えて短時間で数品目作るのもかなりできるようになりました。時間が限られているからこそ、知恵を絞ってスキルアップできるような気がします。ただ、少しメニューが固定化されている気がするので、もう少しレパートリーを増やしたいです。